ショックを軽減する方法

名駅のデニーズにて
from 山本一幸

今日というか昨日になってしまいましたが
良いクリスマスでしたか?

僕は、5歳の時に父が亡くなり母子家庭で育ちました。
あまり裕福ではありませんでしたが、兄弟が4人もいたこともあり、
賑やかで楽しく暮らしていました。

でも、クリスマスの思い出で一番残っているのは、、、

イブの夜、サンタクロースからのプレゼントのために、
靴下を枕元に置いて寝ました。
そして朝、楽しみに目を覚ますと空っぽのままの靴下がそこにありました。

今となっては笑い話なのですが、
その時はとても淋しい思いをしたのを覚えています。

期待が大きければ大きいほど、受けるショックも大きくなります。

これは、期待して買ったものが、思っていたものと違う場合にも起こります。

このショックを小さくするためには、どうすればいいか?

それは、最初に弱みを伝えておくことです。

どんな商品やサービスにも完璧なものはありません。
もちろん人も同じですよね。

だから、最初から弱みを伝え、
それを補う以上の良さがあることを伝えれば
納得して買ってくれるのです。

弱みを逆手に取る見せ方も、
信頼性をあげる一つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です