高いのに買ってしまう理由

大府の実家にて
from 山本一幸

大学の4年間、ボウリング場でアルバイトしていました。

年末年始はものすごく忙しく、
夕方6時から翌朝5時まで働きました。

出勤するとフロアは人で溢れ、
1時間以上の待ち時間。

僕のアルバイトしていたボウリング場は
日本最大級で、156レーンもあるのにです。

この時期は、料金も高くなり割引もありません。

当時、通常1ゲーム550円が特別料金で700円。
それでも人がたくさん来ます。

今と違って、20年前は年末年始に家族や友達と
遊びに行ける場所が限られてたという背景があるのですが、、、

要するに、人は価格だけが判断基準ではないという事です。

何を欲しているか?
どんなことに悩んでいるか?
それに対して何を提供できるか?

そこのリサーチがしっかりと出来れば
価格は自分で決めることが出来るようになります。

砂漠での水は、何よりも価値があるように
あなたの価値を最大化できるポジションを探してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です