元旦のチラシを見る理由

大府の実家より
from 山本一幸

一日遅れましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ということで、お正月にまつわる話を、、、

中学時代、1年半くらい新聞配達のアルバイトをしていました。

雨の日、寒い日なども大変でしたが、
何といっても大変なのは、元旦のチラシの多さでした。

重さもいつもの3倍くらい、厚みも3倍くらいあるので
ポストにも入れにくかったりしました。

でも、見る方は結構楽しみだったりします。

僕も、元旦のチラシは結構見てました。

何十枚もあるチラシの中で、よく見ていたのは
家電量販店や洋服屋さんの福袋でした。

お正月は、初売りでお買得になるというイメージが強かったからです。

だから、それ以外のチラシはサラっと見た程度。

チラシの反応率は一般的に、0.03%程度なので
統計上からすると反応しなかった人の方が遙かに多いので
僕の行動は当然だったのかもしれませんが、、、

チラシや広告見て、あなたが興味をもったなら
それ理由を考えて見てください。

何らかの心理が働いていたはずです。

同じようにあなたの広告に反応した人も
何らかの心理が働いて行動を起こしてくれたはずです。

そのリサーチが売上をあげるヒントになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です