PPC広告を出す基準

東海市の会議室より
from 山本一幸

Webを使って集客する方法として代表的なものに
PPC広告があります。

検索した時に、上や右側に表示される広告で、
pay per clickの略です。

1クリックあたりに費用がかかり、
表示される順番は落札形式になっていて
その金額が高い順番になっています。

もし、あなたがこの広告を出す場合、
何を基準に出せばよいのでしょう?

PPCは広告です。
だから当然、費用対効果を考えないといけません。

一般のチラシなどの反応率は、0.03%。
PPCはというと、1%が平均と言われています。

なぜ反応率が高いかは、検索されたワードに対応して表示されるため
興味を持っている人がクリックしてくれる確率が高いからです。

では、その損益分岐点はいくらになるのか?

1クリックあたりの金額が100円だった場合、
成約に至るためにかかる費用は、反応率が1%なので
100クリックで1件の成約となります。

なので、

100円 × 100 = 10,000円

です。

1件の成約にかかる広告費は、10,000円という事です。

この数字から分かるように
利益が10,000円なければ、赤字となってしまいます。

PPC広告は非常に便利で有効な集客の手段ですが
やみくもに出しても広告費がかさむだけです。

PPCの反応率は1%。

PPC広告を出す際の目安に覚えておきまし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です